葬儀 タイトル画像

参列する際のアレコレについて。

葬儀に参列する場合には、簡単な考えをして葬儀会場などに足を運んではいけません。東京や埼玉など葬儀が開かれる場所はそのときの状況により異なりますが、故人を天国へと見送る儀式です。失礼ないように振舞わなければいけません。
・・というのはもちろんの話ではありますが、これも当然の事ながら、葬儀へ参列する際には、あなたの中で、そして周りに対して失礼が無いように、最大級の礼を尽くしてから参列するべきでしょう。

このページでは、安心の葬儀が行えるようそのような参列する際に気をつけるべきことなどについて、色々書いて行きたいと思います。

葬儀へ出かけるときに必要なものについて。

葬儀へ出かけていく際に、必ず必要になりそうなものをご紹介しましょう。

まずは、葬儀へ行く際に真っ先に気をつけないといけないのは服装です。
まず、相手への礼を尽くすためには、まず真っ先に挙げられるものなのは、服装なのではないでしょうか。

男性も女性も、もちろん黒がベースの服を身に着けていくことになるのですが、
まず、男性は黒い礼服が基本になります。黒いスーツに、ズボン・そして白いワイシャツに黒いネクタイ・・・こうした組み合わせで出かけていくのは基本中の基本です。

また、女性の方では、黒いスーツなどを見につけ、派手な装飾などはもちろん無いような服装をするのが一般的です。

ただし、こうした礼服やスーツを着ていくのが必ず葬なのかといえばそうでもなく、
本当に急な場合などにおいては、目立たないような色をした服などでも構わない・・という場合があります。また、亡くなられていた方の同僚などで、整然勤めていた勤め先が、決められた制服の着用が必要であったような場合、その企業の制服でも良いような場合があります。学生さんにいたっては、通っている学校で着用している制服を着用していくのが良いようです。

また、香典なども必要ですよね。
御霊前などと書かれた封筒の中に、お金を入れて、遺族の方に渡すものなのですが、この香典は結構気を使って扱わないといけないものです。

まず、香典の額なのですが、香典の学派その亡くなった方と、あなたとの関係で決まってきます。

基本的には、亡くなった方との関係が近いほど、香典の額は多くなっていきます。
また、香典を入れる封筒にお金を入れるときは、必ずお札だけを入れて、そのお札を入れる向きまでも気を使わねばなりません(お札の顔の部分が封筒の裏面に向かうようにして入れる)。

そして、その香典には、「御霊前」などと書いて(市販品には始めから書かれている場合が多いです。)、あなたの氏名と住所を書き込みましょう。
(遺族の方が、香典を誰から頂いたのかを把握するため)

なお、香典を入れる額についてなのですが、これは詳しくはその地域や土地によって大きく変動する場合があるので、ハッキリとした金がくは言えません・・・が、友人や両親などに聞いてみると、結構お分かりになっていて、あなたに教えてくれることでしょう。

最終更新日:2014/10/10

ここを押すとページ上部へ移動します。